目頭切開の上手い美容外科を探す

目頭切開をやりたい

これまで化粧でいろいろ工夫してきましたが、思うようになりませんでした。

派手なメイクに憧れているので、化粧映えする顔になりたいという気持ちが日に日に強くなっています。

理想の目元になるためには、美容整形をするしかないと思うようになりました。

私のような目を、上品で大人っぽい目元に変える手術が目頭切開です。

目頭の蒙古襞を切開して、目元を開くことにより、目の横幅が広くなり、上品さが増します。

でもやはり、手術となると少し不安です。

良く調べて、後悔しないようにしなければいけません。

 

目頭切開で魅力的な目元を手に入れることができますか

後で、後悔したくないので、目頭切開について、じっくり調べることにしました。

目頭切開は、目の形やバランスなどを整える美容整形です。

アイラインが映え、黒目が強調される魅力的な目元の実現ができます。

魅力的で美しい目の比率は、目の横幅と目と目の間隔が1:1:1だとか。

日本人の場合は目と目の間の距離が30ミリから33ミリ程度がバランスも良く、アイラインが映える顔立ちになれます。

目頭を覆っている蒙古襞を切開して取り除くのは勿論ですが、適度な涙丘の見え加減とシャープな切れ込みとのバランスを、ミリ単位で長さと角度を調整することが必要です。

切ればいいというものではなく、自分の顔に合うように調整することが必要になるようです。

 

目頭切開のデメリット

目頭切開は、多くの美容外科で行われ、定番となっている手術です。

しかし、目頭切開の失敗症例も、多く報告されています。

切開し過ぎて不自然な目になった、傷跡が目立つといった、明らかな失敗をネットで見つけました。

酷い場合にはパンチで穴を開けた様になってしまうこともあるみたいです。

逆に、切る量が足りないと、手術したのに変わらないことも起こりうるとか。

理想的な目元にするために手術を受けても、失敗してしまったら元も子もありません。

目頭切開をするのであれば、適切に切開してくれるクリニックを、慎重に選ばなければいけません。

 

目頭切開をしたいけれど、前に進めない

手術はしたいけれど、なんとなく決断が出来ない。

それは、もし上手くいかなかったらどうしようという思いがあるから。

堂々巡りを繰り返し前に進めない状態が続いていました。

でも、上手い先生にやってもらえば不安など、ないのかも。

このまま一生悩み続けるのは嫌だ。

手術をする方向で、下調べを継続し、良いクリニックが見つかったら手術してもらおう。

そんな結論に達しました。

 

目頭切開の上手いクリニックを探す

後悔をしないためには、医師の技量が重要です。

医師の経験値は、手術の症例数によって決まると言っても過言ではありません。

手術をするならば、何となく良さそうとか、値段が安かったからからというのではなく、細かくチェックをした上で、お願いする医師を決める必要があります。

美容外科のホームページや口コミなどをたくさん調べました。

しかし、誰が書き込んだ意見か分からないので、間違った情報や、行き過ぎた表現が横行しているのも事実です。

そこは引き算をして、情報を整理しなければなりません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です