湯河原の温泉と海の幸でリフレッシュ

湯河原は、東京から直通電車1時間半で行ける、関東圏の人に馴染みのある温泉街です。箱根ほど人で溢れかえっていないので、のんびりしたい人におすすめです。駅前にはお食事処やお土産屋さんはもちろん、なぜかケーキ屋さんも数軒あります。また、駅前の街はそんなに広くなく、所々に一休みできるカフェも充実していますので、ぶらぶらお散歩にもぴったりです。

そんな湯河原に来たら、ぜひ温泉に入りましょう。駅から歩いて行ける温泉宿がいくつもありますし、駅から離れた宿までは送迎バスが出ているところが多いです。温泉は源泉かけ流しでやや熱めのお湯で温まれます。せっかくなので宿泊するのがおすすめですが、日帰りで温泉を楽しむこともできますよ。湯河原の温泉街を歩いていると、冬の時期には軒先にみかんの無人販売が出ていることが多いです。湯河原はみかんの名産地でもあるのです。格安で実のしまった美味しいみかんを味わうことができます。

湯河原は、海に歩いて行ける街でもあります。海に向かってのんびりお散歩してみるのも気持ちがいいですよ。海水浴場もありますので、夏は海で思い切り遊ぶことができます。涼しくなってからの湯河原の海も、水がとてもきれいで眺めているだけで癒されます。夏に比べて人も少なくなりますので、海辺のお散歩コースはおすすめです。

また、2~3月には梅が見ごろになります。湯河原駅からバスで15分ほどのところにある幕山公園に、広大な梅林があります。白・ピンク・赤と様々な色合いの可愛らしい梅の花を眺めながらお散歩すると気持ちいいですよ。梅のシーズンには、公園内で梅まつりが開催され、ステージで演芸を楽しめるほか、湯河原の名物グルメを味わえる屋台がいろいろ出ますので、多くの人でにぎわいます。湯河原の温泉宿に宿泊するとこの幕山公園の入場券をもらえるところもありますので、ぜひお出かけしてみてください。

さて、湯河原の名物は温泉とみかんと梅だけではありません。海の幸がとても美味しいことでも有名なのです。近くに小田原漁港がありますので、そこで水揚げされた新鮮なお魚を味わうことができます。駅前にも魚屋さんや、海鮮料理のお店がありますし、温泉宿の料理でもこの新鮮な海の幸を売りにしているところが多いです。海鮮丼やお刺身定食をランチでいただくのもいいですね。夜は、温泉宿で豪華な船盛や伊勢海老を堪能しましょう。プリプリの新鮮な魚介類でお酒も進みます。

そんなお魚の美味しい湯河原、実はB級グルメも密かに人気なのです。「たんたんタヌキの坦々焼きそば」は湯河原名物と言われ、駅のそばに専門店もあるくらいです。また、穴場なのがハンバーガーショップ。湯河原にハンバーガーとは不思議な組み合わせですが、駅から少し歩いたところにあるバーガーショップ「カオス」のハンバーガーはとても美味しいのです。注文してから作ってくれるのでできたてアツアツで、セットにするとミキサーで作ったフレッシュジュースをいただくこともできます。知る人ぞ知る名店のようですね。新鮮なお魚を堪能するのもいいですが、合間にこの坦々焼きそばやハンバーガーを試してみるのもおすすめです。駅前の「うさぎや」といううどん屋さんも湯河原名物うどんなるものを出していて、こちらも美味しいですよ。

電車で気軽に行ける温泉街・湯河原。派手な街ではないですが、歩いていて楽しい発見が色々あるはずです。街や海をぶらぶらしたあとは、とっておきのグルメを堪能して、良質な温泉でほっこりしましょう。休日にフラッと訪れることができますので、1泊2日でも十分リフレッシュできます。季節によって楽しみ方も変わりますので、気軽な気持ちで何度でも楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>